100万円と苦虫女

この映画はね、本当に元気がもらえますよ。

100万円と苦虫女

あらすじはこんな感じ。。

地元で事件を起こしてしまった蒼井優ちゃんが、
自分のことを誰も知らない街で人生を再スタートさせる。

自分のことを知っている人が誰一人いない街で、
100万円が貯まる度に、次の街に移る生活。
住む場所も仕事も一から自分で決める。

スーツケース1つをコロコロ転がして、逞しく生きる蒼井優ちゃんが、
なんだかとても強くて羨ましかったです。

だから私も妄想してみました。笑

私だったら、どんな街を選ぶだろう。
沖縄、北海道、屋久島、高知。。

例えば高知県。
家具付きのレオパレスだったら、5万円もあれば暮らせることがわかりました。
(意外と安くないですか?)
礼金を入れても10万円。

東京からの交通費とか、仕事が決まるまでの生活費を含めても100万円あれば十分生きていけますよね。

蒼井優ちゃんだけができる特別なことではなくて、
やろうと思えば誰でもできる生活なんですね。
(優ちゃんも最初はめっちゃバイトしてお金貯めてたもんね。)

あとねー、年が離れた小学生の弟がいるんだけど、本当に泣かせますよ。
弟いる人は号泣必至です。

今いる場所がイヤになったら、とことん逃げればいいよ。
本気出せば、どこでだって生きていけるんだから。

そんな元気がもらえる映画です!オススメ!