ぶらり金沢ひとり旅

2011年に美術検定2級を取得したのですが。
そう。私の趣味は美術鑑賞。ドヤ。

当時から”21世紀美術館”に行ってみたいな〜。
有名なプールの作品とか、金沢にこれほど近代的な美術館が。。!
と驚いたことを覚えています。

そして5年の月日が流れ。。
”あれ?私まだ21世紀美術館行ってなくない?!”
こりゃいかん!と思い、弾丸で行ってきました。

どれくらい弾丸かというと、
27日の夜行バス→28日観光→28日の夜行バス
車中泊2泊という、今しかできないやつをやってきました。笑

ブログに書くぞーと思って、珍しく写真を撮ったりしてみたのですが笑、金沢のガイドは調べれば沢山良い情報が出てくるので、私の費用とスケジュールを紹介します。金沢市内は1日あれば余裕で回れます!ひがし茶屋街は行ったことあるので、行きませんでした。

【費用】
・交通費 片道3000円×2=6000円 ※土日だと片道5000円くらい
・食費
朝食:1080円 @もりもり寿司
昼食:1080円 @かいてん寿司大倉
お茶:1049円 21世紀美術館のカフェでお酒とコーヒー
夕食:3250円 @加賀屋
休憩:600円 最後のバス待ちタイムにカフェでワインを飲みました。
・お土産 1620円 地酒セットを購入
・入場料 1150円 メルカリで21世紀美術館と兼六園の入場券を購入

【スケジュール】
23:45〜8:30 バスタ新宿→金沢駅(夜行バス)
8:30〜9:30 近江市場で朝ご飯
9:30〜10:00 尾山神社
10:00〜12:00 21世紀美術館
12:00〜13:00 兼六園
13:00〜14:00 近江市場でお昼ご飯
14:00〜15:00 金沢城公園
15:00〜16:00 武家屋敷通り
16:00〜18:30 スタバで考えごと
18:30〜19:30 ぶらぶらお土産見ながら駅へ
19:30〜21:30 金沢駅内の加賀屋にて夕食
21:30〜22:00 ワインを飲みながらバスを待つ
22:15〜7:30 金沢駅→池袋駅(夜行バス)

【おすすめポイント】
①21世紀美術館のタレルの部屋
※無料ゾーンにあるタレルの部屋。家が近かったら毎日通いたいほど好きな空間。
②近江市場のもりもり寿司は、朝から営業していて、美味しいお寿司が食べられます。がすえびとのどぐろは絶対に食べてください。

【まとめ】

ガイドブック、TV、ネット。
情報があふれる現代社会で、どれだけ実物を見て感動できるだろうか。
大抵のものが、”あ〜見たまんまだ〜”で終わってしまう時代。
だってメディアは最高の状態を載せているわけですよ。実物だって、そうそう敵いっこない。

そんな情報社会を超えられるものはあるのか。
あるのだとしたら、誰かと感動を共有すること。情報を超えられるのは思い出だけ。
どんなに美味しいものを食べていても。行きたかった場所に辿りついても。
一人じゃ面白くない。何がしたかったんだっけ。って。

それが今回の旅の結論です。

21世紀美術館に行きたい。そこから始まった今回のひとり旅。
独立して時間を自由に使えるようになった。
行こうと決意さえすれば、何万円も持っていなくても行くことができることがわかった。それはすごく嬉しい。

でも一人になることで。
一人の辛さと、周りに人がいてくれる喜びを一番に感じました。会社と同じですね。

行きたい場所に、誰と行きたいか考えて、一緒に行く旅を、次はしよう。