記憶には限界があるから。記録で思い出を永遠に。

写真を撮ることが苦手で、
これまで人の写真はあまり撮らずにいました。
(心のカメラがあるでしょ?ってね。)

撮ったとしても普通の顔は気恥ずかしいので、いつも変な顔。
(それはそれでいいけど。)

でも先日iPhoneの中の写真を整理していて気がつきました。
見返す写真は誰かと写っている写真だということに。

食べ物でもなく、風景でもない、大好きな人達との何てことない1枚。

大切な人との写真は一生の思い出。
大切な人と一緒の時は、1枚でいいから写真に残そう。
そう思います。

記憶には限界があるから。
忘れたくない瞬間は、記録するしかない。
めんどくさくても。
気恥ずかしくても。

その1枚が、
いつかの自分を癒してくれる。

思い出はプライスレス。