起業時に用意する金額の決めかた

起業に踏み出せない理由の一つは、恐らく”資金がない”ではないでしょうか。
資金は多ければ多いほど安心できますが、資金を貯める期間が長いほど、起業への熱意は薄れていくことが多いです。安定志向が強まってくるのだと思います。

確実に起業するためには、起業するための目標資金を定めて、その目標金額が貯まった時点で起業に踏み出すことを決意することが大切です。

私は100万円で起業しました。

【資本金内訳】

法人登記費用 25万円
※最安で22万円あれば、登記は可能です。私は22万円でできました。
(補助金セミナー等に参加すれば、もっと安くなる場合もあります。)

3ヶ月分の生活費 必要生活費×3ヶ月分
1ヶ月に必要な生活費は個人差があると思いますが、生活費の3ヶ月分を用意することをおすすめします。もちろん半年分、1年分と多いに越したことはありませんが、その資金を貯めるために何ヶ月、何年と時間をかけるのであれば、その時間の方がもったいないです。

予備費 15万円

私の場合は、
法人登記費用(25万)+生活費(20万×3ヶ月)+予備費(15万)
=100万円だったので、100万円を用意しました。

選ぶ業種によっても変わってはきますが、ポイントは目標金額を具体的にすることです。目標金額を定めるためには、かかる費用を具体的に算出しなければいけません。その行動が、夢を具体化させるのです。

まずは目標金額を設定しましょう!