鳥取砂丘でリアルRPG

リアルRPGを生きたい私が、ワクワクせずにはいられない場所といえば。。砂漠!

はい。鳥取砂丘に行ってきました。

 

2013-07-27 14.49.22-1

 

砂漠、海、風、草原。。風景だけ見れば、まさにリアルRPG。

 

2013-07-27 14.55.00-1

 

 

この写真とか、FF13の世界そのものじゃない?

 

IMG_5504-1-480

 

ちょっと違うか。

モンスターが出てくれば、完璧なのにな。

 

ファミリーが楽しそうに観光している声をBGMに、一人たそがれながら悟ったんです。
(風が良い感じに、髪をなびかせるんだな。)

リアルRPGを生きることと、リアルRPG風な場所に行くっていうことは全然意味が違うってことをね。

砂漠にただ立っていたって、物語は何も始まらない。

RPGが面白いのは、世界を救ったり、お姫様を助けたりっていう目的があるから。

目的もなく砂漠で黄昏れたって、感動が起こるはずもないです。
(これが砂漠か〜、へ〜!!って感動はあるけども。)

 

じゃあ世界を救うのか?
(モンスターはどこ?)

お姫様を救うのか?
(まずお姫様から探さなきゃ。)

行方不明になった両親を探す?
(千葉にいるわ。)

 

そんな大それた目的、頭ふりしぼっても思い浮かばない。
(幸せな世界に生きているわけですな。)

でもきっと、私の助けを必要としている人が世界のどこかでいるはず。

世界を救わなくても、できることってたくさんあるのかも。

それこそ真のリアルRPG。

 

2013-07-27 15.17.12-2

 

砂漠に行った意味、あったかもしれない。