【ヒートテック最強説】アウターそしてインナーにも。

ミニマリストのインナーについて。

こんにちは。大谷真央です。

寒い冬、誰よりも長い時間を共に過ごし、体を温めてくれるといえば。。
そう、ヒートテックですよね!

本当にユニクロ様です。

ヒートテックというと、インナーのイメージを持っている人が多いと思います。
(ババシャツ的な表に出ちゃいけないやつね。)
確かに本来の着方としては、ババシャツ的な下着のような感覚なのかもしれません。

しかしミニマリストはヒートテックをインナーかつトップスとして使用します。

イメージはこのミス・テイラースウィフト。
(着ているのはヒートテックではないでしょうが。。)

テイラースウィフト  テイラー・スウィフト

ここで注意しなければいけないのは、通常のヒートテックではなく、
ヒートテックエクストラウォームクルーT(長袖)を使用することです。

コーディネートの幅を考えると、色は黒をオススメします。

ヒートテック

1.5倍温かいうえに、生地も厚めなのでインナーとしても問題なく着こなせます。
首元の開き具合もちょうどよく、スタイルが良く見えます。

1日中着ていたいことを考えると、2枚は必要ですよね。
(そうすれば、片方洗濯できるじゃん。)

もう一着はボーダーがオススメです。
(ボーダーは1.5倍ではありませんが、フィット感とゆるさ加減が絶妙です。)

ヒートテックボーダー

ヒートテックをインナーとして使用するだけで、洋服の数はグッとおさえられるはずです。
ヒートテックは春になると店頭から姿を消してしまう可能性があるので、
ぜひ今のうちにご購入を!