FF13の世界を生きたい。

夢見がちな私の想像力を育てたのは、ゲームの力が大きいんじゃなかろうか。

。。あると思います!

 

ゲームの世界のような、リアルRPGを生きたい私。

ちなみに好きなゲームの世界観は、FF13とクロノクロスです。そう、私はライトニングになりたい。

 

リアルRPGといえば、砂漠でしょ!

ってことで行ってきました、鳥取砂丘。

 

国内で行くとしたら、どこに行きたい?って質問されたら

「屋久島と鳥取砂丘!」って中学生の頃から即答してきました。

屋久島は大学時代に叶えたので、今回の鳥取砂丘で見事コンプリート!

さて次から何て答えよかな。

 

即答していた屋久島も鳥取砂丘も、ずっと「いつかの場所」でした。

行きたいけど、本当に行けるかどうかは心のどこかで信じていない、そんな感じ。

でも「いつかの場所」との距離感って私次第。

本当に行こうと思えば、今週末にでもさらっと行けちゃう。何なら日帰りでも。

 

異国の地くらい遠い場所だと思っていた「いつかの場所」は実はすぐ隣に存在しているのかも。

同じように「やりたいこと」も。「会いたい人」も。

 

そう思うと、いつチャンスがあるかわからない。

行きたい場所もやりたいことも、会いたい人も。

しっかり明確にして、ワクワクして待とう。

思い描けることは叶うって、Mr.ウォルト・ディズニーも言ってるもん。

 

おっと。つい熱くなって鳥取砂丘のことが何も書けなかった!

みなさま楽しい土曜日を。