夢を叶えたいなら「頑張る」って言っちゃダメだ。

おはようございます。大谷真央です。

昨日宣言したことを、有言実行したいな〜と頑張りましたよ。

たったの10分だけど。。
いつもより早く起きました!

10分あれば何でもできる!
いつも間に合わなくて、コソコソ電車の中で塗るマスカラもバッチリ。
(これ、ひみつで。。)

丸山珈琲の良い香りで目を覚まし、
ファイヤーキングのマグカップを洗って、
洗濯物たたんで、お掃除して、
それでも時間が余ったから腹筋もしちゃったよ!
頑張ったよ?えらい?( ̄+ー ̄)笑

そんな私も26歳。
少しは自分がわかってきました。

こんなに頑張った次の日(つまり明日)は、必ずと言っていいほど無気力症候群におちいります。。

というのも私「がんばる」って言葉が好きじゃないんですね。

がんばっている時点で、どこか無理してる気がします。。

例えばAさんとBさんが、
明日から朝5時に起きることにしました。

3ヶ月後。。

Aさんは朝5時に起きることが習慣になりました。
Bさんは朝5時に起きることを諦めました。

2人の違いはなんだろう??

Aさんは朝5時に起きることを習慣にするため、毎日5分ずつ起きる時間を早めたのです。

だから今も朝5時に起きることは日常であって、何も頑張っていないのです。

一方Bさんは、最初から朝5時に気合いで起きていました。
そのうち5時に起きよう!が
起きなきゃ。。と強迫観念に変わり、
起きれない日は、なんてダメな人間かと凹みます。

Bさんよ、なんて人間くさく真面目なんだ!

慣れない具体例なんて書きましたが。。
言いたいことは、
みんな「がんばりすぎ」なんじゃないかな。ってこと。

肩の力を抜いて、やりたいことやったらいいよ。
気合いじゃなくて、ワクワクを原動力に動こうよ!

。。と、誰よりも自分に言い聞かせてます-_-b