住む場所は、なりたい自分で決める。

どこに住むか=どんな人間になりたいか
暮らす場所は理想の自分に直結する!と言っても過言ではないでしょう。

ミニマリストとして、住む場所を非常に大切にしています。
一番お金を使っても良いこと。
住む環境で人って変わりますからね。本当に。

私が家を選ぶ基準は立地です。

今は渋谷駅、徒歩5分圏内が第一希望。
(第一希望にしか住む気ないので、最低限の必須事項ですね。)

この条件が満たされていれば、築年数や見た目は気になりません。

これまで池袋、品川と暮らしてきました。
この2つの拠点を選んだ理由は以下になります。

【池袋】テーマ:大都会で終電を気にしない人になりたい
・大都会に住みたい
(大学が池袋だったので、千葉から出て来た私にとって当時池袋が最大の都会だったんです笑。)
大都会とは徒歩圏内で何でも用事が過ごせるスポットのこと。

・交通の便が良い所に住みたい
(会社に通いやすい)

【品川】テーマ:日本中を飛び回る人になりたい
・空港、新幹線に直結している場所
・交通の便が良い
(国内、海外どこにでも行きやすい場所)

そして今渋谷に惹かれているのは以下の理由です。

【渋谷】テーマ:文化人になりたい
・歩いて恵比寿・代官山・中目黒・原宿・青山に行ける
・文化の最先端
・交通の便が良い
・オシャレなカフェが多い

住む場所を変えると、必ず新たな気付きがあります。
理想の自分がより明確になる感覚があります。

品川に暮らし始めた時は、とにかく日本中を飛び回る自分になりたかったです。
実際そのあと、仕事で日本中を飛び回ることになりました。
新幹線が止まる品川は本当に便利で、自分ナイス!って何度も思いました。

でも、だんだん日本を飛び回ること自体に疑問を持ち始めました。
(今の生活はは本当に望んでいることではないかもしれない。。)
今も出張は大好きですが、飛び回る自分に憧れをもつ気持ちはなくなりました。

でもそれは実現しなかったら、永遠に追い続けていたでしょう。
やってみたから、わかった自分。
住んでみたから、気づけた自分。

今は渋谷に住んでいる自分が理想だということしかわからないけど、
とにかくそうすることで新たな道が開くはず。

来年は渋谷での暮らしが始まります。