ミニマリストなら読書はKINDLEで。

こんにちは。大谷真央です。

年末年始はどのように過ごされていますか?

私は大好きな読書をたっぷり楽しんでいます♩

大学時代はカバンの中に常に本を2冊入れている程、本が大好きでした。
(2冊持ち歩いてるのは、読み終わってしまうのが恐いから。w)

そんな私も、最近はすっかり本と疎遠に。。

【私が本を読まなくなった理由】

・家に本が増えるのがイヤ。

・図書館に行くのが面倒←返却期限を過ぎると罪悪感も。

・持ち歩くのが不便←重いし、かさばる。

※出かける時にカバンを持つのが大嫌いな私は、基本的に手ぶらです。
(お財布とiPhoneをポケットに入れてます)

以上の理由で本離れが進んでいましたが。。

電車を待ってる時とか。。

カフェでまったりしている時とか。。

夜寝る前のリラックスタイムに。。

やっぱり、本が読みたくなるんですよね。

そして今日、ついに初体験してしまいました。

その名も『Kindle!!』です。←いまさら〜って言わないで。

もうね〜、本当に!Kindleにすっかりハマってしまいそうです。

ボタン一つで、私の手の中の小さなiPhoneに本が届いちゃうんだから。

読みたかった高城剛氏の『白本』も、たったの280円で私の手元へ。

【Kindleのここが素晴らしい!】

・場所をとらない←持ち運び簡単

・いつでもどこでも読める。

もはや人類史上に残る発明ではないかと。

そして、ミニマリスト×Kindleって相性抜群。

2014年は本棚にある本を一掃して、Kindle一本でいきます。

毎月10冊×12ヶ月=120冊の本を読みたいな。

そして、ずっとやりたかった書評を定例化したいです。(ニヤニヤ)