常識よりも価値観に従う生き方。

ミニマリストが従うのは、常識ではなく自分の価値観です。

例えば、
睡眠時間は1日8時間取りましょう。
朝食は必ず食べましょう。
野菜をたくさん摂りましょう。
など健康にまつわる教えは、巷にあふれています。
いったい誰が決めたんだろう?

私もこれまで情報に翻弄されてきました。
朝食は食べた方が良いと聞いたら、食べるようになり
食べない方が良いと聞いたら、食べなくなり。。
結局どちらが正しいのかなんて、今もこれからも永遠にわからない。

そして私が出した結論は、

結局何でも良いのだということ。

自分が心地良いこと。それが正解なんです。

睡眠時間が3時間でも、それで自分がハッピーなら正解だし、
2時〜4時がお肌のゴールデンタイムだと信じれば、それが正解。
誰かが決めたルールや正解に、振り回される必要はありません。
健康のために無理して続けている健康法があるなら、たぶん止めた方が健康に良いです。

健康に関わらず、常識全般に同じことが言えます。

何でも良いのなら、自分の価値観に従った方が楽しいじゃないですか。

だからこそ、自分の価値観をしっかりともちたい。
余計な騒音を排除して、いらないものを捨てたい。
シンプルなモノ、選び抜かれたモノの中での生活は、頭をクリアにしてくれます。
本当に大切にしたい価値観が明確になります。

人間って本当に変わるもので、

去年まで、お肌のために22時就寝、6時起きの生活を心がけていた私が
今は2時就寝の5時半起き生活を送っています。
(もちろん望んでそうしています。)

確かに時々眠いけど、4時間半も1日が伸びたと思うと嬉しい。
自分で決めた事だから楽しい。
お肌も荒れてない。
だからこれが正解なんです。

望む生活を許してあげること。
これが意外と難しいんですよね。
私も小さいことからコツコツ変えてます。