WORLD WAR Z

映画は想像力を間違いなく養います。

レイトショーで『WORLD WAR Z』を一人で見てきました。
(あーもう恐かったよ〜。。)

ハラハラしっぱなしで、ずっと顔しかめながら見ていました。

何かもう、日々のの小さな事でグチ言ってすいませんって感じでした。

今のところ周りに感染者はいないし、街は平和なようです。
(何て幸せなんだ。)

安全を確保して眠れることの何て幸せなこと!

家族が無事でいてくれれば、もう何も願うことないでしょ!

いつこんな世界がやって来るかわからないから、身体を絞って鍛えておこう。
いざという時に、私もブラピみたく家族を守れる力が欲しいから。

幸せボケはしちゃいけないな。
当たり前じゃない事を当たり前だと感じてしまうと、どんどん要求ばかり高くなる。
あれもこれも欲しくなる。本当に大切なものが見えなくなって来る。
って事を感じたな。

明日目が覚めて、世界が変わっていませんように。
雨風しのげて、ゾンビが襲ってこない(たぶん)部屋で眠りにつける事に感謝です。

『WORLD WAR Z』オススメです。日常に不満を感じている方、スリルを求める方、ぜひ劇場へ!